レーザー治療後の生活について

レーザー治療を検討している人の中には施術後のことについて知っておきたいと考える人も少なくありません。まず施術後は皮膚を保護することになります。レーザー治療をするとシミであった部分はかさぶたとなり、時間が経過することで自然に取れるようになっています。もし完全にかさぶたになっていない状態で無理やり剥がそうとするとトラブルの原因になるので、無理にかさぶたを剥がさないようにします。また、施術後においては一定期間その部分に医療用テープなどをあてて保護するようにしましょう。

基本的に施術後においては化粧は控えます。クリニックによっては化粧をしても問題ないと仰る先生もいますが、触らないようにするのが一般的なため化粧を控える人が多いです。実際にエイジングケアのためにレーザー治療を受けることを考える人の中には施術後にお仕事や食事会など外出しなければならない人もいるので、施術後の化粧に関して気になる人は美容皮膚科の先生などにアドバイスを頂きましょう。

施術後は紫外線に当たらない場所での生活を心がけます。一度レーザー治療をするとバリア機能が低下するため紫外線に当たると肌ダメージが大きくなります。また、施術後は美容皮膚科から処方された薬がある場合は指示通りに飲みましょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

loading
×